トップ > 法人のお客様 > 会社・法人 解散・清算

会社・法人 解散・清算

文字サイズ変更中大

~会社の終了手続きはちゃんと済みましたか?~


会社を設立した後、営業不振や初期の目標の達成など、株主総会の決議によって会社は解散します。
会社が解散した場合、解散原因の発生した時から2週間以内に解散の登記と清算人就任の登記をしなければいけません。

そして、会社の解散後は、清算人が会社の残余財産の分配等を行い、清算事務を行います。
清算事務が終わると、株主総会の承認を得て、清算結了をします。
この時点で、会社は法人格を失います(人間でいう死亡に相当します)。
その後、清算人は清算結了の登記を行います。


スムーズに会社を解散・清算し、新たなスタートを切るにはどのように手続きをすすめるべきか、一度ご相談ください。

上へ